イベント警備のデメリット

イベント警備のデメリット

イベント警備をするに当たって、知っておかなければいけない弱点があります。
そのデメリットは、危険が伴うということです。
警備という名前だけを見ればかっこいいかもしれませんが、やっていることは雑用と何ら変わりはありません。
それだけ、周辺に気を配ったり、道案内をしたり、誘導をしたり、交通整理をしたりしています。
これらは正直誰にでもできることです。
そして、交通整理は車の近くで作業をします。
運転操作を誤ってしまう場合は、事故に遭遇する危険性が一番高いポジションになります。
そういった環境におかれるということだけは覚悟をしたほうが良いです。
そして、客同士のトラブルや犯罪などが発生する可能性もあります。
人が多い場所では、窃盗なども発生するかもしれません。
そんな場合は、犯人を取り押さえることもしなくてはいけませんし、客を安全に誘導しなくてはいけません。
そうしたことを求められるので、即座に反応しなくてはいけません。
さらに、犯人が危害を加えてくる可能性もあります。
そうした危険が伴う仕事であるという認識が必要です。
他の単純なバイトに比べて、時給が高いのはそのためです。
そういった危険が伴うからこそ、多くの人はやりたがりません。
それをするのであれば、やはり時給は高いものになります。
ですが、危険も多いです。

    お薦めWEBインフォメーション

  • スピーディーな対応をしてくれる福岡県内で不用品回収会社をお探しなら、クリーンアースの定額詰め放題パックをおすすめします。カゴパックや軽トラ、2tトラックなどに不用品を料金定額で詰め放題のプランを行っているので、引っ越しやオフィス移転などの用途に最適なプランです。対応もとても良いので、ぜひ不用品の処分を検討の方はご相談してみて下さい。

Copyright(C) イベント警備をするに当たっての基礎知識 All Rights Reserved.